Img_b4264fadad201018bd62959ee1cae79d
Img_6b22335af3d5345028837201563b9675
駒ヶ根市Y邸の工事が進んでいます。

昨年末に塗装した外壁材が貼られています。
木曽のサワラの野地板です。
プレーナーもかけず引いたままの荒い表情は改修部の経年を経た部材
との相性が良いように思えます。

幅も色も様々で貼りにくいと大工さんから指摘がありましたが、
ムラも幅も気にせずズレや段差も材料の特性としてそのまま活かしますと
伝えて貼ってもらっています。大工さん的にはぴっちり通らないのは腕が
悪いように見られて気になってしまうようですが。

サワラ+ウッドグエコの相性もよく良い感じに変色。
真鍮釘の相性も良さそうです。

3月の完成を目指して工事が進みます。
Img_c8044ece8a04bd61e1c80cbfd9e6dc76
飯綱町の店舗改修工事の解体工事が始まりました。

駅前の商店街に面する店舗の改修になります。
元ははきもの屋さんだったお店です。

増築を繰り返した危険度の高い部分を減築して
強度の高い部分だけを残して改修します。
同時に雪下ろし不要の屋根を葺き替えて維持の労力を減らします。

天井を撤去して見ると予想以上に大きな鉄骨の柱梁。
状態も良さそうで一安心。

4月の工事完成〜5月の施主工事+店舗整備をへて
6月のオープンを目指して工事が進みます。





Img_0f24f86edf85606168cf1fd499504f09
宮田村I邸の工事が進んでいます。
大工工事がひと段落して仕上げの工程に入ります。
塗装、紙クロス、器具付けと工事が進みます。

大きな吹き抜け空間に南面に大きな窓の配置の構成です。
キッチン、リビング、ストーブ、ダイニング+ワークスペースの
4つの要素を組み込んだ一室空間です。

3月の完成を目指して工事が進んでいます。
Img_326deaeaa51caa77a0974d7f074d1156
冬の中央アルプスが美しい
Img_9971068ddf830649d96939820df7b154
正面にはアルプスを見下ろすテラスが出来ます。
Img_1065595f6a504b10dad6a5bd12f93427
一本一本丁寧に組み上げます。
中央アルプスを見下ろすような敷地にS邸が上棟しました。
シンプルに見える架構ですが一筋縄では行かない複雑な所が魅力です。
大工さん達は当たり前のように自分がやるべきことを自分で見つけ阿吽の呼吸で組み上げて行きます。大きな建物で少し時間は掛かりましたが無事上棟。
小槌の音が山に響いて家が建つことを神様に伝えているような神聖な時間でした。
Img_fda7c35b03c097112cfe4cf8db6af9df
Img_8ce7cf26f59b297eff5dea3a6ee6ba05
駒ヶ根市Y邸の工事が進んでいます。

この日は外壁の塗装をお施主さんが行いました。

外壁材は県産材木曽のサワラです。
本来は屋根の野地板にするものですが、以前材料を見せてもらったことがあり
材としての魅力、そしてコスト(合板と同じ単価!)が非常に優れていたので
今回の採用となりました。
本来の製品とは別で端材になるため2mということありますが、貼り方で
問題ないと判断しています。

今回はリノベーションということで真新しい感じよりも新旧が混在するため、
ウッドロングエコによる塗装を採用しています。

今回は刷毛塗装ではなくドブ浸けにチャレンジ。
(2m材だから実現したとも言えます)
プールを作って液に浸して干す。シンプルにして作業性も○。
ご夫婦の両お父様のご協力もあってなんとか1日で作業終了。

ドブの高さが低かったことで若干筋肉痛になりましたが、
乾きの早い塗装で寒い時期の作業にしては効率的に勧められました。

数日たった材料も良い感じに変色してきました。
外壁に貼られるのが楽しみです。