●住宅プロジェクト

Img_f1150a60269113dae184b860642e621b
内観 リビングと中庭の関係
Img_067c6153dc1d8a588b65af57239b43ee
外観 正面
Img_d307e0e384edd78c25d40f5728a1543b
外観 中庭の様子
Img_55c5f9bade13023fb976f29623087ec5
内観 子供部屋から中庭を見る
Img_892d6c4d9cf2e9464e084c31348028d6
内観 リビングの様子
Img_11f0c367b40e5d82d7edffea036a81c8
平面図
宅地に建つ、核家族のための住宅。


南には庭を作らず、光だけを取り入れ、北東の庭を楽しむL字型の住宅。
こうすることで、外部からの視線を緩やかにかわし、
家族同士の空間を開放的に利用することができます。
奥行きの浅いボリュームにすることで、通風採光とも優れ、
個室同士も離れていながら、視覚的にはゆるやかに繋がっています。
一つの敷地の中に、奥行きを感じられる空間になっています。


家族みんなのために
平屋でL字型のこの家は、家族が家のどこで何をしているのか、
なんとなく伺うことが出来る。扉を閉めてしまっても、家族同士の
つながりが途切れてしまわないように。

生長する子供たちのために
個室1は可動式の収納を2つ用意している。姉妹が個室がほしい年齢
になれば、個室を仕切って、それぞれのプライベートを持つことも出来る。
それぞれが独立すれば、主寝室を浴室、便所に近い個室1に変更したり、
祖父母と同居したり、帰省する子供たちのためのゲストルーム
にしたり。個室が離れていてるので、便利に使いこなせます。

忙しいお母さんのために
炊事、洗濯、物干を集約し、家事を便利に使用する。
物干を庭と別にすることで、来客などに気を使わずに洗濯物を干すことが出来ます。

暮らしに+αを取り入れる
建物の形を利用して、庭に離れを造っています。
書斎、アトリエ、工房、休憩などに利用出来るので、暮らしの中に、
家族の趣味を取り込むことが出来ます。家庭の中にも個人の魅力が
活きるしかけです。


敷地面積 222㎡(67坪)
延べ床面積 母屋 90㎡(27坪) 離れ 8㎡(2.4坪) 合計98㎡(29.4坪)

家族構成
父43歳 母40歳 姉 9歳 妹 7歳