Img_4af37641f441b204ec7f73c7cc8dc834
Img_6ba2019dacd67f02bbbaf043bcf0cc5d
Img_dc40466e143f33c1224740211fe73990
Img_c0f749b28f48f8ffacd4734480c95f34
Img_b5b8424cd93f94fd8f8bc617aa34edaa
Img_02b39f755acdaddf6e277ebda64a7f32
Img_fbb534a4205baf1cbb332786c150b95b
Img_4cb333359ef1271ac9573a43a110ef5f
Img_f6233bac81cab7fbf07b41d818bd0c05
Img_935f9120fea52b210f354295f87bdc3f
サンルームのトップライト
Img_45194721240053a0e1471c0927b16419
アトリエ 床は母屋の古材使用
Img_88c89ddc4f279249202af565b267f2b6
サワラ材の外壁材(下見板真鍮釘留)
駒ヶ根市Y邸(リノベーション)

概要
敷地は駒ヶ根市の天竜川に近い河岸段丘の上にあります。周辺には田畑が広がり緩やかな傾斜が
あります。古くからの住宅と農地の広がる比較的のどかな場所に位置します。
 既存建物は40数年前に住宅として建てられ、当時の公庫基準で計画されその後数回増築して
いました。クライアントの両親は隣接地に新居を建て10数年空き家としていました。建物からは
東方向に南アルプスが見渡せる場所にあります。
 夫婦+子供2人の4人家族の為の住宅に、耐震改修+断熱改修を行うフルリノベーションをして
います。


改修計画
元々の住宅は50坪を超える広さでしたが増築の継ぎ目からの雨漏りもあり、増築部を減築し、
当初のシンプルな矩形の平面に戻しました。また複雑な入母屋形式をシンプルな切妻屋根に
作り変えています。減築しても43坪程度あり全て断熱改修をするとコストがかかりすぎて
しまうため玄関土間を大きく配置し非断熱のサンルームとして計画しています。
 平屋の住宅の特徴を活かし、屋根裏まで利用した天井の高い空間としています。既存の和室
の続き間2部屋と床の間を合わせた空間とダイニングがあった部分をLDKとして再編成しています。廊下+部屋の構成をワンルームの空間へと変えています。既存の柱・梁の移設、補強、露出を
優先順位を決めて間取りとの整合をとっています。また銅版作家である奥様の仕事場のアトリエ
を併設。玄関土間と続くスペースをアトリエとしています。太陽光が反射するようにサンルーム
のトップライトよりハイサイドライトからの採光としています。

構造計画
構造は木造の在来工法(筋交い)だったものを外壁面の構造用面材(合板)による耐力壁へ交換
しています。目的は筋交いによる断熱の欠損をなくすこと、既存基礎がある部分での耐力を再計算
ということから内部の耐力壁は耐震補強の計算には算入しない方法としました。屋根は瓦
(コンクリート)から板金屋根へ交換し軽量化して耐震要素を上げています。その他適宜金物
などを追加し計算上は現行法同等の性能としています。

断熱計画
断熱は既存床の上にスタイロフォーム100tを敷きその上に床組をしています。外壁・屋根は
省エネ等級に合うグラスウールとしています。サッシは木製サッシとアルミ樹脂複合サッシ
のlow-eガラスとしています。

設備・その他
外壁はサワラ野地板の板下見板貼りです。県産(木曽)のサワラ材を使用し平屋形状とし
庇を出すことでメンテナンスしやすい構成としています。同時に時間を経た家の改修に
合わせウッドロングエコを選定しています。
暖房は薪ストーブとし家全体を温める計画です。シンプルでコンパクトな鉄板式のタイプ
を採用。鉄板式は立ち上がりが早いメリットがあります。
 サンルームはコンクリートの土間としています。玄関と作業場、客間、子供の遊び場と
多様な機能を受け入れる場となっています。南には再利用した既存サッシを取り付けています。
トップライトはポリカの波板としています。
 既存の庭は日本庭園風だったので樹木の枝を整理して自然に枝葉が伸びるように整理。
生垣などはそのまま残し外部からの視線を制御するために利用しています。

 古い住宅を改修するメリットはどこにあるのかを明確にすることが計画のポイントだと
感じています。新築には構造の安定性、断熱性能、目的にあった自由な間取りがあります。
改修の場合は不自由ながらも広さや家そのものへの思入れ、古いものの価値、全体コスト
を求める広さなど目的は様々です。どれかを切り捨てるのではなくバランスを取りながら
目的にあった改修を行う必要があると感じます。新築にはない空間の変化や面白さも加わり、
時間を経た価値、単純ではない改修の魅力が生まれるのかもしれません。


駒ヶ根市Y邸(リノベーション)

所在地 長野県駒ヶ根市
主要用途 住宅(改修)
竣工年 2018年

設計・監理 暮らしと建築社
   担当/須永次郎 須永理葉
施工 窪田建設株式会社
   
敷地面積  -m2
建築面積 141.12m2
延床面積 139.20m2
階数   地上1階 
設計期間 2016年12月~2017年8月
施工期間 2017年10月~2018年4月
写真撮影  上田宏