Img_679f8f30e3846f8ca4efbe77c989f38f
南側の遠景
Img_b866b415bbe325adb67c4ef70af42c9b
西側外観 全面道路とエントランス
Img_bf9dd8ae541014e3d3beaea175be7dbd
南側外観
Img_3e8cfa4b744e20b3bba8765bf9ae2024
リビングの内観
Img_9d29076f9519277fd7a3ce055c0ac15b
個室からリビング側を見る
Img_92485da9e0634c8db0b7457733de54d8
ロフトからリビングを見下ろした様子
Img_cec3b00160c155122677ff46f864d0b1
キッチンから個室、窓から南アルプスの山々
Img_8de556dfd80d4854414a3bac09d04667
ロフト リビング上部から光が入る
Img_0838c17465acffc2a03d08b7e7dca0a4
南側のテラス
飯島町 Y邸

分譲住宅地に建つ若い家族の為の住宅です。
土地の選定から関わり、将来周辺環境の変化が少なく良好な眺望を確保出来るこの区画を選定しています。
南東側の南アルプスを望む景色、手前に旧くからの家々、畑という見通しの
よい景色を最大限に取込んでいます。一方、開発されていく北側や西側の
隣地側には大きな開口部は設けずにプライバシーを確保し、近隣に配慮した計画としています。

シンプルな切妻の屋根のヴォリュームを操作し、機能から庇の長さを選択し
外壁素材から庇の有無を決定しています。
南側には屋根付きのテラススペースを確保し、内外が一体的に使えるように配慮しています。

比較的コンパクトな空間構成の中に、変化してゆく家族構成を考慮し、
できるだけ仕切らずに居場所をつくることを実践しています。
そうすることで、視覚的な広がりと家族間の適度な距離を生み出しています。
こどもの小さな期間、思春期、巣立った時、それぞれの時期の生活を十分楽しめるように配慮しています。

リビングは土間形式としてペットと過す場所として設定されています。
リビングは比較的大きな気積になるのでペレットストーブを選定してます。
外構もクライアントと共に変化していく様も楽しみの一つです。

竣工2013 木造2階建
延床面積  99.48m2
施工    新井建築
構造    木下洋介構造設計室
テーブル  HUMP
写真撮影  上田宏