●木曽福島町 I邸

Img_7546b036d2110ef8c120e76356c925ce
Img_7e184b6374c887cfd9d0373f718105c8
Img_603979a3a19b17cc1232224a33b1bbda
Img_da3ae4816563f9204d89135dd107c1b7
Img_195bf8ced6626d060fd8fa53b37660ac
木曽町I邸

この住宅は木曽川に面し、緩やかに傾斜している敷地に建っています。
道路面と敷地の高低差を活かした空間構成となっています。

室内は15cmの段差が各スペースごとに設けられ、
リビングからお風呂まで、全ての部屋は一つの流れのように視覚的に繋がっています。
リビングやダイニングキッチンは、木曽川と山々の風景を室内に取り込む為に、
段差に合わせた水平ラインを強調する連続した開口部が設けられています。

家族が常に、気配を感じながら、一つの空間を共有するようなおおらかな内部空間の住宅です。
同時に土地の特性を活かした「木曽福島の街並の縮図」のような家と言えます。

構造軸組は墨つけから手刻みで行なわれ、全て異なる角度と長さの
梁と小梁の製作、取り付けを森本建設の大工さん達が組上げました。
プレカットでは加工できない3Dの大変難しい構造を難なくつくり上げる
木曽の大工さんの技術の高さを実感しました。

構造:木造平建て
建築面積:105.42m2
延べ床面積:93.15m2
設計期間:2010.08〜2011.05
工事期間:2011.5〜2012.03

施工:森本建設
構造設計:木下洋介構造設計室
写真:上田 宏©