●軽井沢 別荘 K邸

Img_d1c9fcbf56adf71a8cdf3873d961cce3
リビングから中庭を望む
Img_7d4e0780fb85765204f4a152bbd6c286
植栽はイタヤカエデ。目隠しはルーバー状で風通しも配慮。
Img_69061b063156313241c99808cdded0cf
玄関には漆塗りの木レンガを使用。
Img_00258bfea79a3e164dbbd1d91fb2188a
和室から中庭への視線。手前に襖があります。
Img_5c2e7f0757da7a31e0f16548a00e5407
明るい浴室。廊下を通して中庭とつながります。
Img_6a07d1c6a87584e77af754409635d73a
リビングの夜景
Img_be57d0b9e014554a4dc22e6cec9fc40f
リビングに差し込む光
Img_4b480451c01db8dcc4c1e2b04e9e9c60
離れの個室 外部を切り取る出窓
軽井沢 別荘 K邸

敷地は軽井沢の国道から入った平坦な別荘地にあり、
古い区画が残り比較的分割され、建物同士の距離が近く
密度の高い別荘地での計画です。

敷地の南側には隣地の建物が近接しており採光や眺望が
望めない敷地条件のなかでどのように快適な室内環境を確保
するかが設計の重要課題であり、中庭型のコートハウスを
提案しています。

都市的なコートハウスとは違い、空と上部の樹々の緑を十分に
室内に取込めるように屋根形状と中庭の切り取り方を工夫し、
フジツボ型の方形寄せ棟を造り、屋根を切り欠いています。
シンプルな外見に反して、屋根の勾配は四方異なり、棟ラインと
庇の出が全て異なる複雑な屋根形状になっています。
周辺環境が刻々と変化する敷地で安定した内部環境と
周辺に遠慮しないで生活できる環境を生み出しています。

また中庭と室内とが連続する視線を重視し、室内の広さ以上に
広がりを持つように開口部の配置と切り取り方に配慮しています。
開口が連続し、明るい中庭につながる構成となっています。
中庭側の開口部は木製サッシとしてより室内的に感じられるように
意識しています。室内面積はコンパクトではあるが中庭の効果で
面積以上の広さを感じる事の出来る空間になっています。

インテリアは北欧の家ような柔らかい光をイメージし、
和紙貼りや栗の無垢材の床材、漆の木レンガなど
シンプルかつ上品で飽きのこないものを選定しています。
中庭は完全なプライベートが確保され、浴室も中庭に
開口部を開いています。外部からの視線を気にする事無く、
室内でも中庭でもゆったりと過ごす事ができます。


竣工2011 木造平屋建 
延床面積 96.61m
施工 株式会社 新津組
撮影 ©上田宏