Img_f987609c54c97cfaa8660ad102f10b86
道路側からの外観
Img_978c6109ede533d9b23f224fbd2fdea9
プライバシーを守る為の庭
Img_c7044ea299f1a86c0f99f7054f33590c
中と外の繋がりを意識した居間
Img_5f5d4b30c72ff0c491046ac278ded344
落ち着いた寝室から居間を見る
Img_8a4acc29db5f6f7eca44a0b9c5589940
2階から庭を見る
Img_a2fc322cfee4f1e4f495c57845dccf29
ロフト状の2階
Img_01839faf1731eb643a19d98dd036f2bb
物干を兼ねたデッキ
Img_f751b440b568f29598815f9637951039
敷地は上田市の中心部に近い閑静な住宅地にあり、袋小路に位置した良好な環境の敷地です。
ご夫婦と3人のお子さんの為の建替えの計画です。
上田市の都市部にあたり、四周は隣接住宅に囲まれています。
南側の住宅が北側一杯に建っていることが一番の課題であり、その中でいかに
住宅内に光と視線を通すことができる場所を確保するかが設計のポイントになっています。

居住部を北側に寄せ、南側に室内と同幅の中庭を設けています。この中庭から採光を確保し、
また室内の延長となるような半屋外のようなインテリアのような屋外空間を提案しています。
外装は外周部は庇の無い納まりで耐久性からガルバリウム鋼板とし、中庭は庇を設けて
木製の外装としています。
中庭は東側にある神社の方向へ大きく開けて構成され、ケヤキの大木の緑を視覚的に
取込めるように計画されています。
2階の室内1400~と高さを抑え周辺の住宅への影や圧迫感を抑えています。
また風が建物で遮られないように中庭には大きな開口を開け風通しに配慮しています。

室内の空間構成は大きな吹き抜けに面して2階をL型に配置、仕切らずにオープンに繋がっています。
2階には物干場としても利用できる屋根下のテラスを設けています。

小さなお子さんがいる為にメインのリビグンダイニングは畳の居間(床座)形式としています。
単純な畳敷きではなく、ソファを置く壁側には板の間を設けて「座る」場所も確保しています。
また将来的に板の間に模様替え出来るように配慮されています。
居間と寝室は畳で連続し障子の建具と階段により緩やかにで仕切られます。建具を収納すれば
一体的に連続した空間としても利用出来ます。

キッチンと居間の間には作業台があり、料理の配膳、朝食、お茶など、コンパクトな
ダイニングとして使用出来ます。家事の効率を優先しコンパクトに集約された水回りと
機能部を北側に配置し回遊出来る動線としています。

周辺からの視線の制御が難しい比較的密度のある住宅地で開放的かつ、プライバシーを
確保した計画となっています。



上田市S邸

所在地 長野県上田市
主要用途 住宅
竣工年 2014年

設計・監理 暮らしと建築社
   担当/須永次郎 須永理葉
構造 木下洋介構造設計室
   担当/木下洋介
施工 株式会社新津組
   
敷地面積  235.28m2
建築面積  90.14m2
延床面積 128.57m2
階数 地上2階 
設計期間 2012年11月~2014年5月
施工期間 2014年5月~2014年10月
写真撮影  上田宏