木曽町 I邸

Img_bff1edec9c1f6283c9e3f93e86068406
Img_8ac97d7b53112e45b5785157b260fb22
Img_28a034de5cd82cb9a870b918fce71b12
Img_ef9fcc934e9508f9c0eeeadc466d85cf
Img_07aebf9000ec346aa65787cf359982f5
Img_1e392e87793caab247c5bc480f422f18
Img_3e0ebca0d982b442c332dc8140876ec9
Img_7a9d2691b0220a0ce6030ed79e5419b7
Img_95a4c8e1938cddb3f09aa2168b3ec5c2
Img_807cef21f877ce33965033dfbab26d93
Img_5338afa9edc8cde64dbc16b48366940e
概要
木曽駒ケ岳の麓の緩い斜面に建つ住宅です。畑を分譲した旗竿地に建つ2階建ての住宅です。
周辺には農地の広がり住宅の点在する地域。西斜面ですが木曽では貴重な日照時間の長い
比較的開けた敷地です。
南側には将来的にも眺望が確保されるであろう接道の無い畑が広がり周辺の山々が連ねる
広大なパノラマを見渡すことができます。

平面計画
多角形をした旗竿地の特徴を活かし、採光と視界の開ける方向に開く「く」の字型の平面に、
角度のある切妻屋根が特徴の計画です。
リビング・ダイニングが眺望の良い南側〜西側につながり、キッチンが連続しています。
子育て中ということからキッチンからすべて見渡せるように配置されており、食事の準備
から団欒も1つの空間の中にいてコミュニケーションが取れる配置としています。
1階には屋根下のオープンなビルトインガレージを2台分、外収納部屋、家事室などが
コンパクトに配置されており、家事動線をコンパクトにまとめ、必要な機能を密度を高めて
集中させています。2階はリビングの吹き抜けと繋がるワンルームの子供部屋とワーク
スペース、夫婦の寝室を配置した比較的おおらかな将来的な生活の変化に対応出来る構成と
しています。

構造計画
登梁を利用した屋根裏空間を利用し、三角屋根の空間がそのままくの字に連続する構成と
なっています。オープンに出来る部分は極力仕切も少なくし、一体感のある空間構成を
しています。全体は2台分の車庫を内包した1ヴォリュームのまとまりのある外形を生み
出しています。

設備その他
リビングに薪ストーブを配置し吹き抜けを介して家全体を温める計画としています。
全周に庇のある形状として外壁の劣化に配慮しています。また切り欠いた庇下空間を設け、
洗濯物、干し野菜、干し柿など日の当たる庇下の土間をつくり田舎暮らしの少し粗く
使える部分を用意しています。
外壁材は長野県産の杉材(ウッドロングエコ塗装)、サワラ(クリア塗装)としています。
材料は製材から納品までを行う伊那市の山師さんから直接購入し、地産地消の素材選定を
行なっています。玄関には木曽アルテック社さんの漆木レンガ(唐松)を利用し木曽らしい
材の選定なども取り入れています。



木曽町I邸

所在地 長野県木曽郡木曽町
主要用途 住宅
竣工年 2015年

設計・監理 暮らしと建築社
   担当/須永次郎 須永理葉 酒井宏文
構造 木下洋介構造設計室
   担当/木下洋介
施工 有限会社尾崎建築
   
敷地面積  373.83m2
建築面積  119.24m2
延床面積 170.75m2
階数   地上2階 
設計期間 2014年7月~2015年5月
施工期間 2015年5月~2014年10月
写真撮影  上田宏