文京区 T邸

Img_5a81050b55eed548105a61800531da16
Img_cba782aedebcc0b7facb1a21976ad00a
Img_ba518bad6b1142af9e4a74491bba7e04

Img_d77cb237383f77c7f2892eae7e2965f3
Img_5985910afc13c71d7853b8b0f7bb9eed
Img_70326bf0b267a00d09aa8a877f8a6449
Img_c6d583b3d8b64504b700af6e0fb667e7
東京都文京区T邸

概要
敷地は文京区にあり、戦後の復興からの古くからの住宅が残る高密度の地域にあります。
幹線道路から一歩は入り込んだ私道にあり、落ち着いた住環境にあります。
 敷地にはいくつかの樹木、隣地の庭には大きな桜の樹があり都内では貴重な緑の多い
環境にあります。空家となった住宅を解体し建替えの計画になります。


平面計画
1階は高齢者・バリアフリー対応の住宅、2階は事務所という組み合わせです。
平面計画はシンプルな矩形をした構成で単純に機能が積層するシンプルな構成です。
2階へは外階段を使用して独立した関係性を保っています。1階にはスロープで利用出来る
デッキ(スロープを使用するバリアフリーの為の出入り兼用)を備えています。
 建物を最小限のコンパクトな大きさで敷地に配置することで建物の周囲には空隙が生まれ
通風・採光・視線の抜けなどが生まれています。地盤面は庭となり都内では貴重な植栽帯が
生まれています。この空隙はこの住宅の為だけではなく、隣接する周辺の住宅にとっても
周辺環境と住環境、性能を向上させることに寄与しています。解体前、桜の樹は奥にあった
印象から道路や街区の多くの場所から見える樹木になりました。窓から見える景色も桜を
意識して配置されています。
 1階は、車椅子使用と介助を前提とした設計の為に様々な検討を行ないました。日々変化
する身体の変化に対応出来るための「限定しない」つくり込まないで柔軟に対応する仕組みに。
高齢者対応の住宅はシンプルな機能と使いやすさを重視した設計に。「これで正解」は無い
非常に難しく繊細な分野であると改めて感じています。
 2階は本の編集の為のオフィス。書籍の収納を目的とした収納が印象的な空間です。
大きな作業台、打合せと多目的に使われる場と、PCに向かうスペースの2つの空間を本棚で
ゆるく仕切り全体としては屋根型を一体的に感じられる空間としています。
非常にコンパクトでヒューマンスケールな空間は、クライアントの繊細なインテリアの
センスに寄り添い、クライアントの価値観に満たされた空気に感心します。
 玄関には段差をつくらずコンクリート平板を敷詰めた土間として部屋の連続性と一体感を
損なわない工夫をしています。
 テーブルの脚は鉄の作家さんの河原崎貴さんによるもの。平凡になりがちなテーブルの脚
ですが「折りたたみ」「2台広げて使う」をテーマにZ型の脚となっています。什器のような、
仮設的なイメージと普通に見えないアンバランスな見え方は、連続する脚の位置などを考慮
してつくられています。


構造計画
構造は木造の在来工法です。コンパクトな箱形の為、シンプルな構造をしています。
登梁形式を採用し2階は家型の空間がそのまま室内になっています。コンパクトで無駄の無い
合理的で無理の無い構造計画としています。

設備・その他
高密度地域ということから、木造でありながら準耐火構造の仕様のためガルバリウムの外壁材と
PBの2重貼りという防火仕様を採用しています。防火サッシを使用しながらも比較的大きい開口
部を確保しています。
 高齢者対応という事もあり、床暖房を採用しています。東北産の栗材の無垢フローリングを
採用しています。
 1,2階の多くの家具はクライアントと共に制作したDIYによるものです。構造用合板を主材として
カットし本棚、キャビネット、カウンターなどを製作しています。単純な形状の連続をモチーフに
本が自然に見えるシンプルな構成と、自主制作のし易さを考慮しています。
 
 高密度の敷地内で生まれた庭は、周辺の庭と庭が結びつき広い空地のように感じます。目には
見えない所有の区分はあっても、樹木や空、道路など共有する広さは繋がっていることで数倍に
感じることができます。
 隙間に出来は庭には様々な樹木と東京では珍しい雑草が植えられています。昔は沢山あった
畦や空き地に生える植物たち。本当に贅沢な敷地の使い方だと思います。建物を小さく最小限に
建てることで、周辺に大きな空間が生まれ、このオープンスペースは周辺環境を向上させて住環境
を豊かにしています。建物で出来ること、建物では出来ないこと。内部だけが豊かになっても限界
がある。外部空間の力の重要さを改めて再認識することができた計画です。



東京都文京区T邸

所在地 東京都文京区
主要用途 住宅・事務所
竣工年 2016年

設計・監理 暮らしと建築社
   担当/須永次郎 須永理葉
施工 株式会社 田口建設工業
   
敷地面積  114m2
建築面積  37.67m2
延床面積 75.35m2
階数   地上2階 
設計期間 2015年1月~2016年4月
施工期間 2016年5月~2016年11月
写真撮影  上田宏