Img_ddd0aeb1ed0109ea8c201398803efddb
南側外観 駐車場と玄関
Img_28a19875b71264e7d2c580279bf35666
北側外観 商店街アーケードにに面した周辺
Img_5364600b184d756e53c7c83da7d93143
明るく高い空間のLDK
Img_cb3e021d324ce75942396c0a1c215ed6
LDKから連続する和室
Img_385588f48c98f68ac9557cf5c605a402
LDKと一体的なストーブのある土間
Img_92a48cee7913f4e3c3b1c3fefc504a7f
吹き抜けからの様子
Img_4669e81139c91b0064175ba3a7d1e093
ロフトの様子
Img_11ded0a64fe05bb89012b728e7432aad
落ちつきのある和室
Img_7f1e41b03e027d3a4674ad92ce01f394
南側の夜景

飯田市U邸

建物について
敷地は飯田市の中心市街地、旧街道沿いのアーケードのある商店街に面しています。
南北に道路が2方向につくものの間口の狭く奥に長い長屋形式の敷地に両側を店舗・
住宅に挟まれた敷地です。商業系地域にあるため建て込んだ密度の高い地域にあり
ます。建替えの計画であり、古い家は店舗併用住宅であり居室には全く日が当たら
ない状況でした。
 駐車場を確保しつつ太陽光を効率よく奥まで届く為の断面計画と、コンパクトな
空間に二世帯住宅として機能を盛り込むという都市型住宅の計画となっています。


クライアントのライフスタイル
二世帯住宅という比較的機能の多い条件の中で、既にリタイアされているご両親の
空間、クライアントご夫婦のプライベートを確保しつつ、廊下等の無駄を極限まで
省いています。できるだけ皆で使う場所を充実させて快適な場所になるように心掛
けて計画されています。1階LDKは家族親戚が集まる場所に出来るようにと、和室
と連続して使えるようにしてあります。
 日中日差しが沢山入るように高い位置まで開口としてあります。また南北に風の
通る地域という事を意識して大きな筒状になるように、上下、南北へ風が通るよう
に通風の計画をしています。
 個室は3室+小さなロフトの部屋。比較的数が多くなると仕切られて狭く感じや
すくなりますが、可動間仕切りで繋げたり、家族の成長・変化によって、ローテー
ションすることを想定した計画となっています。

構造計画
筒状の空間を強調する為に、構造は木造の在来工法でありながら設備と空間を分離
して比較的大きな空間をとしています。屋根は構造そのものに勾配を付け、無駄の
少ない経済的な断面寸法を採用しています。

設備・その他
密集地域のためFF式のペレットストーブを採用。煙突も無く煙もでません。家具的
な要素として玄関土間に配されスペース的な無駄も省いています。また長野県では
少ない準防火地域内に建つということでサッシなどは防火戸などの仕様、外壁など
も仕様が高い物になっています。
ダイニングテーブルはかつてお父様が営まれていたテーラーの作業台を削り直して
再利用。また古い家で使用していた建具や障子、襖なども再利用しています。


所在地 長野県飯田市
主要用途 住宅
竣工年 2017年

設計・監理 暮らしと建築社
   担当/須永次郎 須永理葉
施工 太田建設株式会社
   
敷地面積  127m2
建築面積  56.85m2
延床面積 93.84m2
階数   地上2階 
設計期間 2015年12月~2016年6月
施工期間 2016年8月~2017年3月
写真撮影  岡沢晴也