安曇野市 Y邸

Img_78196ec38b5ed6a2e7983c42a258e302
東側外観
Img_c44fb82d9a85cabe4db1c920afdd7fe4
南側外観・テラスの様子
Img_92d5fbda37809367cb63891b542bb2db
玄関土間から和室を見る
Img_5a6c8f94f4e5b27836273a96604e9f3b
キッチン・ダイニングからリビング方向を見る
Img_dc5f26a656f8999480fc065ada0d5c34
リビングからキッチン方向を見る
Img_5195c243c33484410b60f5922ee758ce
ストーブとダイニングの様子
Img_6149ac2338546a500fe8822ffaaf96bd
つくりつけのソファ
Img_cb96f9fe9270eb0e8b366a502f734e00
一段下がった個室・上がった個室
Img_d1be504792ab70830125f3c59617fe3c
明るい浴室・HUMP製家具
Img_2e6761d414ff7d75a373ae5190f7f9ad
親御さん個室
Img_91d27b59d53e3c01a80abc55946ac8d0
和室の様子
Img_93d69be41253896b0fe0e9e68792bc8b
連続するロフト
Img_b1d339ab7549323e2ed07a9fc5adceff
上の個室からリビング方向を見る
Img_193d7c9ea937f59df0ed73541e30d30d
中庭からの夜景
Img_b6265c2e9a604de50a68c608965470fa
リビングダイニング夜景
安曇野市Y邸

概要
敷地は安曇野市の郊外、平野と山の分岐点の小高い丘の上にあります。周辺にはリンゴ
畑をはじめとする果樹園に囲まれた場所にあります。敷地は林に囲まれており、周囲から
覗かれる事の無い好条件に恵まれています。
 将来的に敷地の一角に店舗つくるかもしれないという条件から、家族のプライベート
を確保すること、車4台分の駐車スペースを限られた範囲の中で確保することが求められ
ています。
 二世帯住宅であり、家族間での共有する部分と、プライベートの明確な分節を行ない、
家族間のプライバシーやプライベートスペースを確保した計画となっています。


平面計画
平面計画は4.550mmという幅を基本モジュールとして構成しています。
幅の細い3つのヴォリュームを回転させながら繋ぐ、切り妻の連続する棟形式として
います。1つ目の棟には玄関と親世帯の空間、2つ目の棟には共用部であるダイニング
とキッチン、3つ目の棟にはリビングと寝室と子ども部屋。奥に行くほどプライベート
になる配置になっています。また傾斜する地形に合わせて奥に行くほど徐々に床が下がって
いき、全体の天井が高くなる形式になっています。天井高に合わせて機能を配置しています。
3つのヴォリュームは同じ角度で折れ、大きな「く」の字(弓形)をつくり南東に向け
プライベートな庭を生み出しています。同時にヴォリュームの内部空間はチューブ状に
連続した空間構成をしており、仕切の無い筒状のチューブ状のワンルームの構成です。
単純な廊下機能は存在せず、機能が連続し、横断するつくりで、面積的なロスが無い構成です。
 2階は1.82mの廊下状の細長い空間に、クローゼット、ワークスペースなどが配置されて
います。内部には鉄骨階段が二カ所あり、ロフトを繋いでいるため行き止りの無い連続した
導線計画となっています。


構造計画
構造は木造の在来工法でありながら比較的壁の存在を感じにくい空間構成を実現しています。
特徴的な編芯した家型をした断面構成が連続し、露出した登梁が連続する構成になっています。
2階のロフトの床には壁がほとんどなく、空中に浮いたバットレス(筋交い)を採用すること
で吹き抜け、および南面の風圧や地震力を1階へと伝える合理的で明快な構造計画となっています。

設備・その他
外壁は下見板貼りの杉板です。ウッドロングエコという自然系の防腐塗料をドブ浸けして
います。森の中に馴染む自然素材のテクスチャーを選定しています。
ストーブは長野総商さんのヘルゴン。比較的シンプルでモダン、大きなガラスと大きめの
薪がはいるというメリットも。背面はレンガの白塗装を用い落ち着いたインテリアに。
 サッシは南面には木製サッシのlow-eトリプルを採用。大きさを確保しながら開口部を
制限する事で大きな採光を確保しています。寒冷地・森が近い近いという点でフルオープン
ではなく、開閉でき枠に仕舞える網戸の採用や気密を配慮した開き方を選定しています。
その他の部分には既製品のアルミ樹脂複合サッシのlow-eトリプルを採用し性能を揃えています。

キッチンとダイニングテーブルは飯島町のHUMPさんのもの。こちらはナラ材です。キッチン
は完全なI型のオープンです。キッチンは5.4mありなかなかの迫力です。少しハード目の木目
を採用して素材感のある力強い印象のキッチンです。扉も工夫されており生活感が出にくい
分割のデザインが用いられています。キッチンはオープンのためパントリーを設けることで、
すっきり機能的な見た目も維持出来るように設定されてます。ダイニングテーブルはクライアント
の拘りもありメインと作業台(図工室のような)の組み合わせ。人数に応じて可変できるレイアウ
トも考慮されています。クライアントこだわりのセレクトも全体的に上手くまとまり、生活と機能
とが連続する中に、緊張感のあるアイテムとリラックスできる心地よい印象の場所が上手に
ミックスされてた空間に仕上がっています。

2階の寝室の窓からは森越しに松本の街並が一望出来ます。周囲は森に囲まれ、視線も気にせずに
カーテンも必要ないという、まさに長野らしい最高のロケーションという印象の特別な敷地です。
自宅にいながらキャンプしているような、毎日が別荘にいるような、特別ではない日常を毎日
過ごせるという雰囲気がとても印象的でした。
 敷地の特徴に素直に従うこと、高低差に準じて建物を合わせて配置する、周辺の景色や方位に
配慮すること。自然や環境に反発せずに、寄り添う事でうまれた素直な建築だと考えています。


安曇野市Y邸

所在地 長野県安曇野市
主要用途 住宅
竣工年 2017年

設計・監理 暮らしと建築社
   担当/須永次郎 須永理葉
構造 木下洋介構造設計室
   担当/木下洋介
施工 松代建設工業株式会社
   
敷地面積  1430m2
建築面積  157.33m2
延床面積 238.16m2
階数   地上2階 
設計期間 2015年12月~2016年8月
施工期間 2016年9月~2017年5月
写真撮影  上田宏